ACCESS →

ホーム > 講師の紹介

講師自己紹介

プロフィール

副田整歩 ソエダナオム

Photo by Kei Tasaka
Photo by Kei Tasaka

1979年6月1日生まれ

東京都出身

 

中学校入学と同時にサックスを始める。

 

高校在学中ステューデントジャズフェスティバルに出場。チックコリアの「Spain」でソプラノサックスのソロを吹き審査員全員一致のソリスト賞を獲得。

 

1999年洗足学園音楽大学音楽学部音楽学科サクソフォン専攻(クラシック科)に入学。サクソフォンを冨岡和男、アンサンブルを服部吉之、大和田雅洋、ジャン・ルデューの各氏に師事。大学在学中からプロとして演奏活動を開始。 

 

大学在学中に学内のアンサンブルコンテストでA.ベルノーの「四重奏曲」を演奏し最高位を取得。音楽大学の代表が集まる全国音楽大学室内楽演奏会のトリを勤める。卒業時に大学の推薦でYAMAHA新人演奏会出場。

 

卒業後、ジャズサクソフォンの第一人者である土岐英史に師事。以後、自己のバンド「Generation GAP」でライブ&ツアー&レコーディングを行う傍らアーティストのライブやツアー、レコーディングに参加。

 

現在、Generation GAPの他宮嶋みぎわ率いるビッグバンドMiggy+ Jazz Orchestra五十嵐誠率いるイガバンBBに在籍しリードアルトを担当。

共演アーティスト

<Live/Recording等でお仕事させていただいた方々>
(敬称略で失礼します。50音順)
哀川翔・青木さやか・晃(フィンガー5)・Annekei・IKURA・石丸幹二・伊東たけし・井上芳雄・芋洗坂係長・大塚愛・葛城ユキ・亀渕友香・川嶋あい・狩人・北園みなみ、黒沢年雄・桑田佳祐・古代祐三・コトリンゴ・小西康陽・小林旭・小比類巻かほる・近藤真彦・五月みどり・Sam McNally・Steve Wilson・SMAP・千昌夫・Douglas Purviance・チェリッシュ・堂本光一・土岐麻子・中川晃教・中塚武・野宮真貴・マルシア・黛ジュン・宮崎隆睦・三山ひろし・三善英史・山本リンダ・横山剣・ラサール石井・RiRiKA・ローリー(寺西) 他

TV番組テーマ曲

フジテレビ「笑っていいとも」

NHK「オンバト+」

テレビ朝日「ハガネの女」

TBS「ラブ★コン」他

講師から一言

副田サックス教室のサイトをご覧いただきありがとうございます。

 

私は大学卒業後今まで、小学生から70代のご年配の方まで男女問わず幅広い年齢層の方々を指導をしてきました。現在は独立して教室を開講していますが、かつては大手楽器店の音楽教室で講師を勤めていました。演奏活動が忙しくなったために残念ながら退職しましたが、大手音楽教室に在籍できた事で多くの貴重な経験ができ現在の講師業にも生かされています。

 

そして大学在学中から現在までプロの演奏家として活動をしていますので、演奏の現場で必要となる技術や心構え、本番に向けてのメンタルコントロールなど演奏以外のサポートという部分でもご協力できる事があると思います。

 

ありきたりですがレッスンで重要なのは生徒さんとしっかりとコミュニケーションを取ることです。特に生徒さんによって個別のレッスンメニューを組む当教室では生徒さんのご意向を汲み取ることがとても重要なのは言うまでもありませんが、レッスンを仕事と割り切ってただ消化するのではなく相手に親身になる事で生まれる貴重な人間関係を大事にしたいと考えています。それがプロの講師だと思いますし、その方がサックスに対しても前向きに考えていただけるでしょうし、何より良い関係が築けたら生徒さんと一緒に飲むのが楽しくなりますからね。

 

講師として勉強する事はまだまだありますが皆様の音楽生活のご協力ができれば幸いです。サックス・レッスンに関するご相談などありましたがどうかお気軽にお問い合わせください。

 

楽しくサックスを吹きましょう!

 

副田 整歩


プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2012-2016 Soeda Saxophone School All Rights Reserved.