ACCESS →

ホームサックス入門講座 > サックスメーカー 

サックスメーカー

世界には数多くのサックスメーカーが存在します

その中でも代表的なメーカーをご紹介します

(※全てのメーカーを網羅していませんので予めご了承ください)

H.Selmer

セルマー

世界で最も有名と言われるサックスメーカー。

1885年の創立から現在まで100年以上の歴史を誇ります。

これまでに数々の歴史的名器を生み出しました。

世界の名プレイヤーの殆どがセルマーの愛用者、あるいはかつて愛用していたと言っても過言ではないでしょう。

 

現地サイト:http://www.selmer.fr/

野中貿易(輸入代理店)サイト:http://www.nonaka.com/selmer/

 

YAMAHA

ヤマハ

日本の総合楽器メーカーであるヤマハですがサックスも製作しています。

プロモデルの875/82Zのカスタムシリーズは世界的に評価が高く、フィルウッズをはじめ世界の名プレイヤーに使われています。

入門モデルと言われる275シリーズや中堅の475/62シリーズでも、カスタムより安価でありながら作りが良く吹きやすい素晴らしい楽器です。

 

ヤマハサックスサイト:http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/sax/

 

YANAGISAWA

ヤナギサワ(柳澤)

高い技術を誇る日本のサックス専門メーカー。

テーブルキーやオクターブキーの形状、その他多くの独自の機構を生み出していて楽器操作が非常に楽な楽器です。

更によくあるラッカーの楽器の他、ソリッドシルバーを管体に使用したシルバーソニック、銅の含有が多いコパーやピンクゴールドプレートなど様々な種類の金属で楽器を製作しています。

金属によって吹奏感・音色が異なるので自分に合った楽器が見付けられると思います。

 

ヤナギサワサイト:http://www.yanagisawasax.co.jp/

Buffet Crampon

ビュッフェ・クランポン

クラリネットで有名なフランスのメーカー。

サックスのラインナップで最も有名なのは、赤っぽく見える程に銅の含有量が多いフラッグシップモデルのプレステージ。他メーカーとは一線を劃す太く甘い音色はクラシックプレイヤーの間で人気が高いモデルです。

他のラインナップも独特の甘い音色です。

 

ビュッフェ・クランポンサイト:http://www.buffet-crampon.com/jp/index.php

Cannonball

キャノンボール

ジェラルド・アルブライト、ブランフォード・マルサリス、エリックダリウスなどの有名プレイヤーの使用で話題沸騰の新星メーカー。ブラックとシルバーでモノクロカラーの管体が有名で、非常にパワフル、かつ現代の楽器という事で操作性、吹奏感などとても洗練されていてオールドのサックスに慣れたプレイヤーも違和感なく持ち替えることが可能です。

バンドメンバーで友人の上杉雄一、藤田淳之介のお二人も専属プレイヤーとしてキャノンボールのサックスを使用し開発のアドバイスをしています。

 

キャノンボールサイト:http://www.cannonballmusic.com/

Cadeson

カドソン

キャノンボールと同様に台湾で製造される新星メーカー。群馬県前橋市の中島楽器が日本の輸入代理店をつとめており、作りの良さから徐々に評判が広がっていて都内の楽器店でも見掛けることが多くなった。

日本を代表するサックスプレイヤーの佐藤達哉さんと大山日出男さんが使っていることが知名度アップに一役買っている。

鳴りの良さ・操作性の良さ・精度の高さがウリでオールドセルマーから乗り換えるプレイヤーも多いとか。今最も期待できるメーカーの一つ。

 

カドソンジャパンサイト:http://www.cadesonjapan.jp/


プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2012-2016 Soeda Saxophone School All Rights Reserved.